2004年11月03日

育児サークル クリスマス会の準備

長女が1歳の時から、近所の育児サークルに参加してます。
12月のクリスマス会の準備を始めました。
今年のクリスマス会で5回目。そして、今年の担当の「工作」も、これで3回目。そろそろネタも尽きてきた感じがします。

あれこれ、ネットで調べても、今までと同じような物だったり、制作費がかさむようなものだったり、難易度が高かったり。
難しいです。

結局、本屋さんで幼稚園の先生向きの雑誌を立ち読みして、パクルことにしました。

<紙コップで作るお着替えサンタのクリスマス飾り>
材料:紙コップ、色画用紙、モール、毛糸

とりあえず、土台だけ試作品を作ってみました。

クリスマス会


あとは、紙コップの上半分に顔、下半分に服を描いたり、貼ったりするんだけど、「顔の後ろはどうすんだ?」と疑問が湧き、ここで終了。

顔の後ろ側って、ハゲ?



posted by ままよ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

水いじりすると、トイレに行きたくなりません?

次女はトイレトレーニングの最中。
尿意、便意を伝える事ができるのだけど、それはいつも突然で、「もっちゃう、もっちゃう」と大騒ぎする。

特に、水を使う時。

洗面所でうがいをするためにコップを手に取ると、「おしっこー、もっちゃうー」と騒ぐ。これが、毎回・・・

だったら、事前にトイレ行けよ!って思うんだが、ダメらしい。
うがいの前にトイレに行くか聞いても「だいじょぶ、でない」と頑固なのだが、数秒後に洗面台の前に立つと「でちゃうー」ってな感じ。

はあー、これ遺伝なのよね。私も同じ。

ダンナに「水いじりすると、トイレ行きたくなるよね」と聞いたら、「俺はならない。節目、節目でトイレに行くから」と偉そうに言ってた。
トイレの節目ってなんだよ・・・
そんな、自然の摂理が節目でコントロールされるものなのか?

ねえ、水いじりすると、トイレに行きたくなりますよね?



posted by ままよ at 10:53| Comment(3) | TrackBack(1) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

七五三写真撮影無事終了

写真館で七五三の記念写真を撮り終わった。

貸衣装、ヘアメイクしてもらって、2ポーズ6ツ切りで約2万3千円。
出来上がりは12月中旬だって。

しかし、長女の3歳の時の某チェーン店とは、あきらかに違う。

衣装の質も違うしヘアメイクにかける時間もかなり違う。そして何より写真撮影が違う。
子供を笑わせる技もそうだが、いい表情の捉え方が違う気がする。
枚数消化したから撮影終了というのではなく、いいショットが撮れたからOKという感じ。

ま、出来上がりを見ないと何ともいえないけど、いい写真になりそうな予感。
posted by ままよ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

幼稚園入園時の書類

本日、無事に次女の入園手続きを終了。
書類をもらって2週間以内に提出するのだが、この書類が曲者。
「調査表」というのがあって、家族構成や既往歴を書くのだが、その中に「長所と短所」とか「家庭教育の方針」「幼稚園に対する希望」なんてのがある。

長所と短所なんて、よくわからんって。長所でもあり短所でもあったりするしね。

まー、適当に書いたけど、問題は「家庭教育の方針」。

・・・ありません。

もちろん、「なし」なんて書けないから、適当に書くんだけど、長女が入園する時にも提出したこの書類。比較されないか、ちょっと心配。
「あら、あそこのウチは教育方針が変わったのかしら?」なんて言われないかなあ。
あー、長女の時にコピーを取っておくんだった。
って、そういう問題じゃないけど。

「幼稚園に対する希望」も、「ウチの子預けるから、疲れ果てるまで遊ばせてくれ」とは言えない。
結局、本音を書く度胸もないので、それっぽいベタな事を書くのだ。

こんなんで、いいのか?
posted by ままよ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

七五三の写真撮影は無事に終わるのか?

七五三の写真撮影を前に、写真館でレンタルする衣装合わせをした。

最初から「はかま」と決めていたので、悩む必要はなかったが、袴の色は紫と紺があった。
担当の女性が紫を出してきて、次女にはかせようとしたら、次女は抱きついてきて、ウンとスンとも言わなくなってしまった。

いくら話しかけてもダメ。へばり付いて固まっている。
こんな事は初めてだったので、私もビックリした。

もしかして・・・ 「この紫のが嫌なの?」と言ったら、やっと頷いた。
言ってくれよ、それならそうと。

さっき担当の女性が「赤もあったはずなんだけど・・・」と言ったのをしっかり覚えていたらしい。しかし、赤が見付からない。店中を探してくれているが、どうにも見付からない。

結局、紫か紺で納得させるか、袴を諦めて被布にするしかないな、と思って、サンプル写真を見せると、やはりどーしても「袴」がいいらしい。
というか、サンプル写真の袴を着た女の子が持っている傘が目当てらしい。

「傘持っている女の子と同じにしようか。だから紫をはいてごらん。そしたら傘持たせてあげるから。」
と言って、やっと納得。

お店の人に「傘は撮影時しか出さないんですけど・・・」と渋られたが、何とか傘も持つことが出来、大満足の次女。

子供って何に固執するか分かんないから、難しい・・・
こんな調子で写真撮影は大丈夫なのか?

posted by ままよ at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

新潟県中越地震 長女の心の傷 その後

湯沢町で地震と停電、避難を体験した子供たち。
次女はあまりよくわかっていないが、長女には思ったより心に残ったようだ

まず、暗くなってから一人で他の部屋やトイレに行けない。トイレは「終わるまで、ずーっと待っててね。」と念を押す。

お友達の家に遊びに行くのも、一人で行くのを嫌がる。前は喜んで行っていたのに、「ママと一緒じゃないとヤダ」と言っている。

夜中にも恐い夢を見るらしく、「ママー、恐いー。眠れなーい。」と言って私の布団に入ってくる。

5歳といえば、そろそろ一人で行動する時期と思っていたが、もしかすると長期戦になるかもしれない。
来年夏にはお泊り保育があるので、それまでに心の傷が癒されるといいのだが・・・
posted by ままよ at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

新潟県中越地震 長女の心の傷

どうやら、今回の体験は、長女にとって軽いトラウマになってしまったようだ。

越後湯沢で新幹線に乗る時、足を踏み外して内ももにあざをつくってしまった。
その怪我で、今まで我慢していた感情が一気に噴き出して、どうにもならないくらい泣きじゃくってしまった。

結構元気に遊んでいたから大丈夫だと思っていたのだけど、やはり恐い体験だったのだろう。

今朝も、いつもは鳴らない目覚ましが鳴って、私がつい「あれ、何の音?」と言ったら、ものすごい形相ですっ飛んできて、私にしがみついていた。
思ったより心に傷跡を残したようだ。

幼稚園にも長女の状況を伝えたところ、不安になることがないよう気をつけてくれるとのこと。また様子を見て避難訓練も内容を検討してくれると言っていた。

5歳の心と記憶は、私が思っていた以上に繊細だった。
posted by ままよ at 17:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

七五三の写真代

次女の七五三の写真を撮る予約をしていない事に気づき、あせって電話予約。

衣装を借りて、六つ切り2ポーズで2万2千円也。

高っ・・・

でも、長女の時は衣装の豊富さに負けて、某チェーン店で撮影して後悔しまくり。だって、いい写真が1枚もなかったのよー。

撮る人はパートさんっぽいし、撮影する枚数も決まってるらしく、いい表情が撮れなくても、枚数消化したら打ち切りって感じ。

別に、いつでもどこでもニッコリできる子ならいいんだろうけど、いつでもどこでもムッツリの娘達にはパート写真家じゃ、いいショットを撮ってもらえない。

ってことで、きちんとした写真スタジオで撮る事にしたんだけど、料金が・・・

まー、でも仕方ないか。

ちなみに今日から実家と姉家族と家族旅行なのだけど、集合写真を予約したら、3枚で8,500円でした。これは、安い?
posted by ままよ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

我が家のカブキ者

次女が静かだなー、と思って呼んでみたら、こんな格好をしていた。

次女のバカモノ

バカモノ・・・
posted by ままよ at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

最強の園長先生

本日、次女の幼稚園入園説明会。
長女が通っているので出席する必要はないのだが、園長先生の話が面白いので出席してみた。

この園長先生、とても上品で、教育熱心で、真面目で正直な先生だ。あまりの正直さに、本人はいたって真面目に話していても、周りの私たちには面白い話になる事が多い。
そんな園長先生の今日のフレーズ

お母様がたも良くあることと思いますが、仲の良い人たちが輪になって話している時に「こんにちは!」と言って入っていくのは、とても勇気のいる大変なことですよね。
そのように出来る方というのは、とても気持ちの大きいおおらかな方か、何も考えていない人ですよね。


おいおい・・・

私はそんな園長先生が好きです。
posted by ままよ at 19:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

幼稚園にかかるお金

本日、次女の幼稚園の願書配布だった。

またお金がかかるー!!

この地域には公立幼稚園がないから、仕方なしに私立に通わせるほかない。

ちなみに、どのくらいかかるかというと・・・

<入園時>
入園料ほか 約8万
制服、教材等 約3万〜4万

<月々>
保育料ほか 2万
バス代 3500円
給食費 1食290円

これが高いか安いかというと、この地域ではごく普通の値段。

はぁー、出るのは溜息とお金ばかり。

お願い、本気で少子化対策するなら、学費と医療費をタダにして!
posted by ままよ at 19:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

てんてこおじさんを探せ!

長女は幼稚園での出来事を丁寧に話してくれるが、理解不能な場合が多い。

この春、長女の話に登場したのが「てんてこおじさん」。

長女説では、帽子をかぶっていて、中から鳥が出すと言う。
そして、公園にいるから探して欲しいと、おじさんが言っているらしい。

おいおい、公園で帽子から鳥出して、「私を探して!」なんて言ってるおじさんって、どんなだよ・・・

まー、そんなわけで、長女の「てんてこおじさん探し」が始まったわけだが、もちろん「てんてこおじさん」なんかいるわけがない。
小さな子供の夢を壊して申し訳ないが、いつかは「てんてこおじさんは、いないよ」と教えてあげなければ(涙)、と思っていた。

が、神様は子供の味方だった。
長女の「てんてこおじさん」、いました、いました。

横浜クイーンズスクエアの広場にいた「人間ジュークボックス」おじさん。
彼が長女の「てんてこおじさん」に決定!

「人間ジュークボックス」に大うけの長女。満足そうに「ママ、てんてこおじさん、いたね」と言ってくれたのだ。

ありがとう、人間ジュークボックスさん。
これで私たちと長女の「てんてこおじさん」を探す長い旅は終わった。

THE END

posted by ままよ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

ピアノ初心者の子供をもつ親が見てはいけない映像

「小さなせかい」をピアノのクリスマス会で弾くことになり、毎日なんとなく練習。
それでも、間違いだらけでリズムもめちゃくちゃでも曲になりつつある。

5歳で上手な子って、どのくらい弾けるんだろう、と疑問に思って、あちこちを見てたら、おっそろしい天才児(8歳)の演奏を発見。

8歳でショパンのワルツだって。
小学校2年生だよ、おいおい。

巷ではムシキングに行列を作っている8歳。
そんな8歳がショパンのワルツ16番をタキシード着て弾いちゃいますか。

おどろきの映像でした。

posted by ままよ at 15:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

幼稚園児のクラス対抗リレーは面白い!

長女の幼稚園での運動会。
年長全員によるクラス対抗リレーがトリ。

自分の子供が出ているわけではないけれど、つい白熱して見てしまう。

とにかく、面白い。

もの凄い必死で走る子が抜いたのに、次の子は競争心ゼロで、あっという間に抜き返される。
後ろが気になって、振り返ってばかりいて、結局抜かれちゃう子。
観客席を見ながら走る子。
さまざまです。

もー、すでに実力は関係なし。
気の持ちようで順位が決定します。

来年はクソ真面目な長女がクソ真面目に走るでしょう。
長女は常にクソ真面目なところが笑いどころです。
posted by ままよ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

娘たちの会話 Vol.2 【唾と涎の違い】

娘たちの会話から、ふと疑問に思ったので、つい。

長女「みてみて、これ」 口に唾を溜めて、ぶくぶくと蟹のように口から泡を出してみせたらしい。
次女「こう?」 長女を真似して唾を溜めて口から出してみる
長女「ちがうよー。それは、よだれー。唾を口に入れてぷーってやってごらん」
次女 何かやってる様子
長女「ちがうよー。だめだよ、それじゃー」

って、「別にそんな汚い遊び、教えなくいいから・・・」と思いながら聞いてて、ふと浮かんだ疑問。

唾と涎の違いって?
調べました。

【涎と唾の違い】
・共に口水と呼ばれる.
・涎は口中に溢れ,口角から流れ出る.
・唾は舌下に分泌し,口中から吐き出される.


結局、よく解りません。

続きを読む
posted by ままよ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

都合のいい年齢

次女は2歳。もうすぐ3歳。

でも次女は自分の年齢を場合によって変えている。

・褒められた時
 「でへへー。だって、にしゃい(2歳)だもん」
・片付けろと言われた時
 「できなーい。だって、いっしゃい(1歳)だもん」
・お姉ちゃんと同じ事がしたい時
 「いっしょにやるー。だって、ごしゃい(5歳)だもん」


まー、他にも使っているシーンは多々あるんだけど、ポイントは自分に都合のいいように、1歳、2歳、5歳を使い分けていること。

この使い分けの的確さは、親ながら関心する。

よく子供料金のごまかしの為に、親が子供に違う年齢を仕込むというが、うちの次女には必要ないな。

posted by ままよ at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

今時のてるてる坊主?

長女が幼稚園でてるてる坊主を作ってきた。

明日は運動会だというのに、どうやら台風直撃の様子。
すでに9日はあきらめているんだけど、せめて3連休のうちに晴れて欲しい。

で、てるてる坊主を作った、と。

しかし、素材はスーパーの袋。
なるほど、考えてみれば窓の外に吊るすんだから、ビニールの方がいいよね。

私が子供の時はティッシュ、というか鼻紙、ちり紙、便○紙で作ったなあ。
それで、朝になるとてるてる坊主は見るも無残な姿に・・・
(描写できません!)

ビニール製てるてる坊主は今の主流なのか?

てるてる坊主の素材の主流って何だろう、と首をひねった一件でした。
posted by ままよ at 14:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

次女がはまっている「おうちごっご」

子供って、ひとつの事にハマるとしつっこーいのだ。

次女がハマッているのが「おうちごっこ」。
おもちゃの冷蔵庫や流し台を並べて、たくさんの料理をし、私はそれを食べるフリをしなくちゃならない。
なぜ「おままごと」ではなく「おうちごっこ」なのかは不明。

一日中、「ママ、おうちごっこ、やろ!」と言っております。

昨日はお昼寝中にうわごとのように「ママ、おうちごっこ、やろ!」と言っておりました。

本日、お盆を貸してあげたらパワーアップしております。

誰か、次女のおうちごっこを止めて!!!
posted by ままよ at 12:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

やってきました、アトピーの季節

そろそろ来ましたね。

次女は軽いアトピーです。主にほっぺのガサガサと、耳切れ。
不思議なことに、必ず右側だけなんだよね。

で、薬やらクリームやら塗ってます。

えー・・・

白色ワセリン
ヒルドイド
プローラAPモイストクリーム
スタデルム

コルテス軟膏
キンダベート軟膏

でも、次女に塗ったくってるおかげで、私の主婦湿疹は、人差し指だけ軽症。
喜べないけどね。

助かるのは、次女が薬好きなこと。
「薬塗るよー」
と言うと、すっ飛んできます。

ナゼ??
posted by ままよ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

遺伝だもの、似てるよね

親子や姉妹がそっくりなのは、遺伝だから当たり前なんだけど、変なところが似るもんだ。

ウチの娘たちは歯がそっくり。隙間の場所も、歯の形も全く同じ。
これにはビックリした。

そして、次女の耳の穴はダンナにそっくり。
いや、当たり前なんだけど、耳の穴の形も遺伝でしたか。

しかし、「親子だから似ているだろう」と思うのは当たり前とはいえ、通りすがりの人がベビーカーの幼児を見て、その後にベビーカー押してる親の顔をチラと見るのは、どうかと思うぞ。

長女が2歳くらいの時、何度も同じ目に遭った。
長女の事をかわいいと思ってくれるのはありがたいが、その後に私の顔を微妙な表情で見るのはヤメてくれ・・・

「すみませんね、似てなくて!」
と、鼻息が荒くなってしまう。

そして、次女。
見られたことありません・・・
(次女よ、深い意味はないぞ)
posted by ままよ at 06:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。