2005年07月15日

在宅プログラマから在宅SEへ

先日、会社から電話があり、「今度からは、プログラムとかを他の人にお願いして、全体の設計とかをしてください。」と言われた。

どうやら、今までユーザ打合せや全体の設計をしていた人が体調不良で、仕事量を減らす事になったらしく、その人の補佐がメインとなるらしい。

SEなんて在宅では無理だろー、と思っていたのだが、補佐なら出来るかもしれない。

今のところ、資料をメールでもらって、ネット会議で社内打合せ。自宅で資料を作ってプロジェクトリーダーへ送信。ネット会議で社内打合せをしてリーダーはユーザ先へ。
当面は、この流れになるらしい。

パソコンと喋る私に、回覧板を持ってきた近所のおばさんがギョッとしてたよ・・・
posted by ままよ at 07:58| Comment(7) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

久しぶりの基本設計

今日、新規プロジェクトのヘルプを頼まれた。基本設計から参加するのは久しぶり。
ユーザからもらった現在の手作業書類を見て、これをシステム化するのかー、と思うとワクワクしてくる。楽しみー!!

在宅の仕事を始めて3年ちょっと。だんだん本格的な仕事になってきた感じ。
うんうん。子供と一緒に寝てる場合じゃないよ。頑張らなくちゃ!
posted by ままよ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

難しすぎるプログラム

VBが登場した時に作ったらしいプログラムの作り直しを依頼された。これはこれで正常に動いているので、操作性を向上させるだけで、データ構造は変えないという条件付き。
そして極めつけの「ソースコードが仕様書です。」

・・・でた!

まずはプログラム解析から入る、が、難しい。
膨大な量のグローバル変数と宣言無し変数。どこで何をしているのか検索しようにも、変数名は英数2、3文字程度なので、あらゆる箇所で検索されてしまう。
データ構造もややこしい。
ひとつのレコードを2〜3個のファイルに分散して保存してあったり、データの途中から別ファイルになっていたり。さらに、レコードレイアウトは同じでもデータの意味が全く違っていたりする。

・・・難しすぎます。

どうやら、メモリやCPUが貧弱な時の考え方で、プログラムのコーディング作業効率重視で作ったらしい。メンテナンス性まで考えなかったのね・・・

愚痴ってないで、がんばりまっす。
posted by ままよ at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

SE川柳で涙

なんとなく投稿してみた「SE川柳」。
全作品が公開されたので、全部目を通してみた。

いやー、涙なくしては読めないっす。
みんな、大変っす。
同類がたくさんいるっす。

ちなみに、私が投稿したのも紹介されていました。ははは。
posted by ままよ at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

仕事でポカしたら

朝一番、仕事でとんでもないミスをしてしまった。
上の人から注意され、ユーザーに平謝りで、なんとか対処はしたものの、気分はブルー。

自分にこの仕事は向いてない、とか、相手の人は「とんでもない事を!」って呆れてるだろうな、とか、アレコレアレコレ・・・
ここまでどん底になると、どうやって這い上がるんだろう・・・と夕方まで痛む胃を抱えつつ考えたが、やはり「時間が解決するだけか」という結論しか出てこない。

ブルーな気持ちのまま、ちょっとした仕事を2本片付け、新規システムの提案書作成を始めた。2時間程没頭して、なんとか提案書が形になった。

ん??? なんか、気分スッキリ!!

這い上がっちゃいました。
なるほど、仕事でミスしてどん底気分になったら、がむしゃらに仕事をして成果をあげればいいのか。
でも、こんな事は二度とないように気をつけなくちゃ!!
posted by ままよ at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

VB6 IsDate関数でTrue判定してくれる区切り文字

西暦日付を”2005.3.10”というようにピリオドで入力したいと依頼されたので、入力値検証のためにIsDate関数を使ってみた。
ところが、ピリオドで入力した日付はIsDate関数ではFalse。どうやらピリオドは時間としてみているらしい。

日付でTrueだった区切り文字は「スペース(2005 3 10)、カンマ(2005,3,10)、ハイフン(2005-3-10)、スラッシュ(2005/3/10)」
時刻でTrueだった区切り文字は「コロン(23:59:59)、ピリオド(23.59.59)」

ちなみに、Format関数で"ge.m.d"を使って和暦変換はできたが、変換後の和暦"H17.3.10"はIsDate関数ではFalse。

ふううむ。

それにしても、こんな簡単な事を今頃知る私って・・・
posted by ままよ at 08:01| Comment(3) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

百メールは一電話に如かず

TBP
このエントリーはTrackbackPeopleに参加しています

長いことクライアントとメールで仕様決めをしていて、どうにも決まらない部分があったので、直接電話をすることになった。
実はメールでの付き合いは3ヶ月になるが、電話は初めて。
お互いに「いつもいろいろと・・・」みたいな挨拶をして本題に入った。

結果は、すんなり、あっさり、あっけなく仕様が確定。

ホント、メールで100通やり取りするより、電話で5分の方が確実だなあ、と実感。
ま、メールにはメールのメリットがあるんだけどさ。

今は次女が家にいるから電話できないけど、春からは次女も幼稚園。午後2時までは思う存分クライアントと電話できるぞー!
posted by ままよ at 20:40| Comment(4) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

VB6 VBA ソースコード画面をマウスホイールでスクロール

VBを使って早3年。
ソースコード画面をスクロールさせようとマウスホイールをクルクルしてから、「あー、VBはダメなんだっけ」と思う事もしばしば。

何気なくマウスについて調べていたら、そんな問題を解決してくれるプログラム「VB6 Scroll Wheel Fix」がありました。(・・・って、もしかしてそんな問題は今更なのかなあ。在宅プログラマは世のプログラマの常識が分からないんです。)

http://www.joebott.com/vb6scrollwheel.htm

ここでexeをダウンロードして実行すると、おお!スクロールするぞ!!
ExcelのVBA画面でも試してみた。んー、スクロールします。

快適、快適。 ・・・って、そんな事で喜んでる私は、もしかして古いですか?

<追記 2005.2.27>

と思ったら、正規のアドインDLLがあるんですね。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;837910

この方法でVBAもきちんとスクロールしました。

posted by ままよ at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

厚生年金加入?

最近、稼動時間が増えてきて、仕事も丸投げされることが多くなってきた。
そのせいもあって、会社から「次年度、厚生年金に加入しますか?」と聞かれた。

むー・・・

確かに扶養の範囲を超えそうな気はしてた。でも、どのくらい超えるか微妙なんだなー。
会計事務所に勤める母に相談したら「入りなさい、入りなさい。仕事あるなら仕事しなさい。」と推奨された。まー、主婦の税金や年金はいろいろ議論されているし、加入が義務なら加入するけどさ。

イマイチ踏み切れない。理由は単純。
1.毎月コンスタントに一定時間以上の稼動を約束できるんだろうか。
2.そんなに仕事をして家族に文句を言われないだろうか。

4月には次女が入園。やはり、今が切り替え時期なんだろうけどねー。悩みは尽きない。
posted by ままよ at 03:22| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

ExcelやWordをPDFに変換したい

在宅で仕事をしていると、資料は全てメールでのやり取りになってしまう。
そのほとんどはExcelかWordだが、ものによっては改変できないようにPDFで送りたい時もある。

WordやExcelをPDF形式に変換できるフリーソフトを持っていたけど、すっかり使い方を忘れてしまった。
使い方を調べるのも面倒なので、もっと簡単なフリーソフトはないか探してみた。
そこでダウンロードして使ってみたのが「PrimoPDF」。

いやー、使い方が簡単でいいですねー。どうせビジネス文書。凝った文書なんて作らないから、もー、これで十分。たぶん、PDFを突き詰めれば、もっとすごい使い方もできるんだろうけど、所詮わたしはプログラマ。提出する書類なんて大したものもない。

ただ、ちょっと気になったのは、元のWord文書より容量がでかくなっちゃったこと。
なんでだろー。かと言って、今は時間がないしなー。
とにかく、作った文書、送ろ。
posted by ままよ at 22:18| Comment(4) | TrackBack(1) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

そのプログラム、危険につき

ちょっと凄いプログラムをもらった。

まず、エラーメッセージが適当。
何か入力すると、とんでもないタイミングで「入力に誤りがあります」と・・・
あのー、どこがどう誤っているんでしょうか?
あちこち入力を変えてみるが、あいかわらず「入力に誤りがあります」のメッセージのみ。そのうち、キーボードを叩きたくなってくる。

次に、タスクバーを隠さないとコマンドボタンが下に隠れて使えない。しかもコマンドボタンが画面下に寄りすぎているので、押そうと思ってマウスを近づけるとタスクバーが現れる。
コマンドボタンとタスクバーの追っかけっこだ。これも、ちょっとひどい。

それから、全画面でモーダル表示(もちろんタスクバー隠して)なので、その画面を終わらせるまで画面切り替えが「Alt+Esc」以外は不能。これにはビックリ。せめてタスクバーを隠していなければ、タスクバーで画面切り替えができるのに。

そして、何よりも一番ビビらせたのは、このプログラムをリリースしようとしていたこと。
本気かよ!
posted by ままよ at 00:13| Comment(8) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

在宅プログラマの電話連絡方法

TBP
このエントリーはTrackbackPeopleに参加しています

在宅プログラマにとって、電話は難しい。
雇用先への電話は何でもOKだが、顧客に対してはそうはいかない。在宅であることを伏せている事がほとんどだ。

まず問題になるのが、時間帯。こちらの作業時間と顧客の勤務時間が激しく違っていたりするので、イザという時に電話ができない事が多々ある。
また、メールの場合は発信時間が真夜中にならないように、気を付けている。

次に電話の時の周りの音。
子供の声やテレビはもちろんNG。他に家の呼び鈴とか豆腐屋とか。
電話の前には、インターホンのスイッチを切って、窓を閉め切ってから電話をする。

いずれも、ほんのちょっと気を付ければいいだけの事だが、在宅での業務が一般的に認められるようになれば、こんな気遣いも不要になるのだろうか。


posted by ままよ at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

だから、わかんないってば

なんか、「プログラマの走り書き」が愚痴になってきたぞ。

以前、説明が難しいという事を書いたのだが、やっぱり、難しい。

お客さん「計算式は『累計=直前までの累計+今回の分』です。 つまり、1+2=3, 3+3=6, 6+4=10 で、結果10です。」
私「はい、つまり集計すればいいのですよね。1+2+3+4=10で合ってますか?」
お客さん「違います。前回の値に今回の値を足すんです。」

・・・いや、たぶん何か違う事を言いたいんだろうけど、イマイチよくわからん。
posted by ままよ at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大前提崩れる・・・

引き継いだプログラムは、今動いているプログラム(他社の開発)に不具合があるので、作り直しという作業だ。
しかし、仕様書がない。もちろん、現行プログラムのソースもない。現行プログラムを動かしてみる環境ももらってない。

ないないづくしで、作成中のプログラムに全てを頼っている。

そこで、作成中のプログラムから、いろんなことを推測して、仕様書を作って、クライアントに確認してもらって、赤字修正の仕様書が返送されてきた。

どれどれ・・・ ぎゃー、赤字だらけ〜〜〜

なーんと、大前提が全く違っているではないかー!!

これは、現行プログラムの仕様ミスなのか?バグなのか? 作成中プログラムの仕様ミスなのか? バグなのか? はたまた、プログラムでは未対応なのか?

原因は闇の中・・・

お願い! 私の時間、返してー!!

クライアントの方、大前提が違っている資料ごときに、最後まで赤ペン先生になってくれて、ありがとうございます。そして、本当にすみませんでした。えーん。
posted by ままよ at 06:46| Comment(1) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

VB6 複数選択可能なプルダウンリスト

はあー、苦労した。この苦労はVB6だから?

作りたかった機能「複数選択可能なチェックボックス付きプルダウンリスト」

1.コンボボックスで複数選択できない → チェックボックス付きリストボックスで対応
2.リストボックスにはプルダウン機能がない → フォーカス取得時・喪失時に高さ調節をしてプルダウンもどきにする
3.リストボックススクロール時にもプルダウンしたい → スクロール後にフォーカス喪失イベントが発生しないので、スクロール時に強引にフォーカスをリストボックスにセットする
4.既に選択済の場合、プルダウンだけするつもりでクリックでも、チェックボックスが変更されてしまう → リストボックスの選択をなし状態にしておく
5.リストボックスの選択なし状態だと、表示される行は先頭行になってしまい、どこを選択しているのか見れない → リストボックスの表示先頭行を選択済の行にWin32APIを使って変更する
(5についてはAPIを使わずにする方法があるかどうか調べてない)

こーんな風に羅列したって、何の事やらサッパリですよね。

要は、とーーーーっても苦労したってことを言いたい!!
もし、この苦労が無駄になっちゃうような解決策、あったら悲しい。
でも、たぶんあるんだろうな・・・あったら教えて(涙)
posted by ままよ at 07:02| Comment(6) | TrackBack(1) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

予算との葛藤

先日引き継いだプログラム。自分なりにまとめていたら、不明な点が続出。いろんなパターンが想定されていないのだ。

「パターンAとパターンBしか考慮されてませんが、パターンCはどうしますか?」
みたいな事を尋ねたら、ちょっとビックリする答えが返ってきた。

「なるほど、すごいですね。確かにそのパターンもありえますね。そこまでは考えていませんでした。
でも、このプログラムは、まあ、こう言っちゃなんですが、あまり重要ではなくて、使い勝手が良く、完璧な物を作っても数人の担当者が喜ぶだけなんです。まして、このプログラムを欲しがる人は他にいないので、予算もあまりありませんし。
つまり、まあ、あまり掘り下げずに、そこそこに作ってください。」

・・・

予算や需要によって、プログラムの質を制限しちゃう場合もありなんですね。
ちょっと悲しくなって、そのプログラムに手を付けてません。

あとは、自腹で品質を上げるしかなさそうです。
posted by ままよ at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

WindowsXP SP2インストール完了

やーっとWindowsXPのSP2をインストールしました。

使っているのはWindowsXPのHomeEditionなので、まずはバックアップユーティリティをインストール
インストールしたバックアップユーティリティで必要なファイルを全部バックアップ
次に接続しているハードディスクとセキュリティーキーをはずす。
そして、不必要なシステムやソフトが起動しないようにシステム構成から一旦はずす

さーて、SP2ダウンロードするか、と思ったらインターネットが繋がらない。
無線LANを使っているので、どうやら起動しておかなければいけないソフトまで落としてしまったらしい。
「msconfig」コマンドでシステム構成ユーティリティを起動して、無線LAN関係のソフトは有効にしておいて、再起動。
よしよし、インターネットが繋がった。
あとは、WindowsUpdateを使ってダウンロード&インストール。

バックアップから始めてSP2インストール完了まで約3時間。ふうーーー。

終わったぜー!
posted by ままよ at 19:39| Comment(4) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

難しいのは誰?

先日引継ぎしたプログラム。前任者が「アルゴリズムが面倒」と言っていたが、どうやら遠慮した発言だったらしい気がしてきた。

思い当たる面倒な原因はこの2つ。
1.元の移植元プログラムが既に変。(どこまでが正解で、どこまでが間違っているか不明)
2.ユーザさんの担当者の説明が難しい

で、ユーザさんの説明がどんな風に難しいかを、オリンピックの開催年に例えていうとこんな感じ。(以下「ユ」はユーザさんの担当者)

私「えー、オリンピックの開催年は2000年、2004年、2008年と表示しますが」
ユ「はい、前年から4年加算した年です」
私「ええ、そうですね。それで前年の算出方法なんですが」
ユ「前年は前々年から4年加算した年です。オリンピックは4年に1回です」
私「・・・はい、それは分かるんですが、最初はいつかという基準はどうしましょう」
ユ「えー、前回が2000年なので、西暦の初めからということで。あれ?西暦って0年開始でしたっけ?」
私「いえ、西暦は1年からなんですが、そういう問題ではなく、起算年はオリンピック初回開催年の方にすべきだと思うのですが」
ユ「えーっと。あ、そうですね。仰るとおりです。」
私「・・・・・・ですよね。」

・・・なんだか、とっても、大変です。
posted by ままよ at 05:31| Comment(4) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

師走のカケモチ厳禁!

去年の12月から3月にかけて地獄を見た。
仕事を3本掛け持ち。
ほとほと疲れて反省したのに、今年の師走もやっちゃいました。

か・け・も・ち(はあと)

金に目がくらんで受けちゃいました。

ああ、眠いー、疲れたー、もうやだー!!!

ただでさえ子供たちのイベント盛りだくさんで、準備にも時間がかかるのに、掛け持ちはキツイです。

みなさん、師走は仕事を請けないようにしましょう。

posted by ままよ at 20:43| Comment(5) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

VB6 DTPickerの日付フォーマットの月は「大文字」で

えー、未だVB6をいじっております。

DTPickerでCustomFormatを使って年月だけを表示しようと思って、「yyyy/mm」としていたら、「2004/21」とかになってしまう。

??? 何故だ ??? しかも、どんどん数値が大きくなっていくぞ ???

で、調べたら、小文字「mm」だと時間の「分」なんですって。
はあ、そうっすか・・・

大文字で「yyyy/MM」にしないとダメなんですって。
はあ、そうっすか・・・

posted by ままよ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。