2004年11月06日

テキトーな母の几帳面な娘

面白いサイト見つけたよ。」での「押される部屋」を見た。
おもしろーい!! と思いながら見ていたら、だんだん腑に落ちない気分になってきた。

なんだろう、何か、どっかで見た風景。

と一生懸命考えてみたら、長女の朝の儀式に似ているからだ! と判明。

朝起きてから、几帳面な長女は、タオルケットを布団の四隅にピッチリと合わせようとする。
しかし、片方を引っ張ると、もう片方が足りなくなり、またこちら側の角を合わせると、あちら側の角がずれる、といった具合。
しかも、自分が布団の上に乗っかっているから、真ん中はぐしゃぐしゃだったり、足を引っ掛けてせっかく合わせた角がずれてしまったり・・・

などという事を延々と続け、しまいにはヒステリーを起こす始末。
この長女の行動がそっくりなのだ。

そりゃー、笑えないわ。

長女よ、布団なんかテキトーでいいから。ママがテキトーなんだからさ!
posted by ままよ at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいや、これは布団から降りて
そろえることを教えて、夜布団をひく
要員として育てるのが良いと思います☆
Posted by るみ at 2004年11月06日 19:19
そうか、その手があったか! テキトーな私にうってつけの娘だな!!
って、その前に、せっかく買った2段ベッドを使ってくれ、娘たちよ。
いつまでも親と一緒に寝てないで、自分の部屋で寝てくれー!!!
Posted by ままよ at 2004年11月06日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。