2007年03月08日

理解を放棄するということ

同じ業界の方のブログの記事「曖昧なのと抽象的なのは違うんだよ」の最後のフレーズで、しみじみとしていまいました。

2、3の具体例で理解できなかったからといって、勝手に『曖昧なこと』と一緒にして理解を放棄するのはどうにかしてくれよ、ホント。


近くに、この理解放棄をする人がいるんですが、あとでツケが回ってきた時どうすんだろう? 分らない事が蓄積されていって大丈夫なのか? と不思議に思ってました。
が、最近、そのような人がどうするのか判明しました。

「人のせいにする」

結局理解しないままでも、本人は問題はないようです。
posted by ままよ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラマの走り書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35488030

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。